2011年11月13日

ハシゴ

昨日は、久しぶりにアートの一日。さいたま芸術劇場で「ジェローム・ベル」をみて、その後、池袋で「勅使河原三郎」の朗読会へ。はしごは久しぶりだ。堪能。

ジェロームの方は、もうすべてが完ぺきだっと思うよ。でもさ、完ぺきなものってつまらないんだよね。多分非の打ちどころがない。それができる人はなかなかいないと思う。でもね、あれをみて、今の私は救われないなって思ったし、ここ日本でやるんなら、もっともっとやらなきゃいけないことがあった気がするんだよね。日本人って多分そんなに簡単じゃないよ、って思っちゃう。まあ、でも、超盛り上がりの観客をみて、「私の方がおかしいのか」って思っちゃったけど。。。

勅使河原さんの朗読会は、よかったよ。やわらかそうで、すごくかたい、真ん中をぐっとつかむようなそんな言葉がたくさん降ってきた。1時間の予定が、あっという間に2時間弱。行ってよかった。私も、あのように、やわらかくでも核心がぶれない強い言葉を発せられる大人になりたい。
posted by naobaby at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。